CBD規制最新情報|CBDビジネスを始めたい方必見!CBDの基礎知識から輸入・規制に関する最新情報まであなたのビジネスを適法に展開するためのすべてがここにあります。

Ⅰ. カンナビノイドの作用機序と効果

CBDを含むカンナビノイドの研究は古くから行われている。
THCの医薬品としての効能に関する研究も進んでいる他、CBGやCBCが持つ抗がん作用、抗炎症作用にも注目が集まっている。

Ⅱ. 研究論文

CBDは多くの研究論文が発表されています

疾患名 研究数 注目度 疾患名 研究数 注目度
進行性がんに伴う痛み 2 ☆☆☆☆☆ HIV/AIDS 1 ☆☆☆
皮膚がん(非黒色腫) 2 ☆☆☆☆☆ 夜間視力改善 1 ☆☆☆
胃食道逆流症(GERD) 1 ☆☆☆☆☆ つわり 1 ☆☆☆
不眠症 1 ☆☆☆☆☆ 神経障害 5 ☆☆☆
神経障害-エイズ関連 2 ☆☆☆☆☆ 脳腫瘍/神経膠腫/神経膠芽腫 9 ☆☆☆
線維筋痛 3 ☆☆☆☆☆ 心臓病 7 ☆☆☆
化学療法に伴う悪心・嘔吐(CINV) 24 ☆☆☆☆ うつ病 8 ☆☆☆
嘔吐(合計) 27 ☆☆☆☆ 精神疾患(合計) 24 ☆☆☆
糖尿病性潰瘍 1 ☆☆☆☆ 神経保護特性 4 ☆☆☆
皮膚炎/湿疹 1 ☆☆☆☆ 皮膚疾患 4 ☆☆☆
統合失調症 4 ☆☆☆☆ 筋委縮性側策硬化症(ALS) 7 ☆☆☆
全身性硬化症 1 ☆☆☆☆ 骨肉腫 3 ☆☆☆
創傷(手術後) 1 ☆☆☆☆ 脳血管障害(CVS) 3 ☆☆☆
消化管の炎症性疾患(合計) 4 ☆☆☆☆ 炎症性腸疾患(IBS) 3 ☆☆☆
トゥレット症候群 10 ☆☆☆☆ 肝炎 3 ☆☆☆
脊椎損傷 5 ☆☆☆☆ 炎症性疾患(合計) 17 ☆☆☆
3 ☆☆☆☆ 発作(てんかん) 5 ☆☆☆
掻痒(かゆみ) 3 ☆☆☆☆ ウイルス感染症(合計) 12 ☆☆☆
痛み(合計) 14 ☆☆☆☆ アルツハイマー病 4 ☆☆
不安 4 ☆☆☆ 食欲不振/悪液質 11 ☆☆
多発性硬化症(MS) 26 ☆☆☆ 高血圧 2 ☆☆
パーキンソン病 4 ☆☆☆ 子宮内膜症 2 ☆☆
ぜんそく 7 ☆☆☆ 多毛症 2 ☆☆
関節リウマチ 3 ☆☆☆ 慢性非悪性の痛み 2 ☆☆
偏頭痛 3 ☆☆☆ 鎌状赤血球症 2 ☆☆
肺疾患(合計) 12 ☆☆☆ 抜け毛/はげ 2 ☆☆
神経疾患(合計) 69 ☆☆☆ 心臓血管の健康 12 ☆☆
がん誘起寝汗 1 ☆☆☆ 心的外傷後ストレス障害(PTSD) 3 ☆☆
ヤコブ病 1 ☆☆☆ アルコール依存/乱用 4 ☆☆
膀胱炎(間質) 1 ☆☆☆ せん妄 4 ☆☆
糖尿病 5 ☆☆ 膵癌 2 ☆☆
産科と婦人科(合計) 5 ☆☆ 熱性発作 2 ☆☆
緑内障 9 ☆☆ 歯周炎 1 ☆☆
ジストニア 5 ☆☆ 性欲 1 ☆☆
エイジング/アンチエイジング 1 ☆☆ 乗り物酔い 2 ☆☆
ハンチントン病 5 ☆☆ 乳癌 6 ☆☆
関節炎 3 ☆☆ がん(合計) 60 ☆☆
アテローム性動脈硬化症 3 ☆☆ 肺癌 4 ☆☆
子宮頸がん 2 ☆☆ 骨粗しょう症 3 ☆☆
肝臓癌 2 ☆☆ ヘルペス 3 ☆☆
双極性情動障害(BAD) 5 ☆☆

Ⅲ. CBD が治療効果を有する可能性のある疾患の概要

  疾患 効能  
アルツハイマー病 in vitro 及び in vivo のアミロイドβ蛋白(Aβ)惹起性の神経炎症及び神経変性反応における抗炎症性、抗酸化性、抗アポトーシス性
パーキンソン病 ドーパミン作動性損傷の減衰(in vivo); 神経保護; 精神症状評価の向上とアジテーション(不穏・興奮)、患者における悪夢と攻撃的行動の減少
多発性硬化症 マウスにおける EAE(実験的自己免疫性脳脊髄炎:Experimental autoimmune encephalomyelitis)改善の徴候、抗炎症性と免疫調節特性
疼痛 他の治療法に効果がみられない(薬剤抵抗性のある)神経因性疼痛を患う患者における鎮痛作用
精神障害 統合失調症の動物モデルにおける行動変化及びグリア(神経膠)的変化の減 衰; ケタミン誘導性の症状に対する抗精神障害特性
不安 筋緊張、不穏状態、疲労、集中困難の減少、不安とストレスのげっ歯類動 物モデルにおける社会的相互行為(他の個体との関わり)の向上; 患者における社会不安の減少
抑うつ 抑うつのげっ歯類遺伝モデルにおける抗うつ作用
がん 広範囲に及ぶがんの種類における抗増殖及び抗浸潤活性; オートファジー介在性がん細胞死の誘発; 化学予防作用
関節リウマチ 動物モデルにおける TNF-αの抑制
炎症性腸疾患とクローン病 in vivo 及び ex vivo におけるマクロファージ動員及び TNF-α分泌の抑制; クローン病患者における疾患活性指数の減少
心血管疾患 in vitro 及び in vivo における抗酸化及び抗炎症特性を通した梗塞サイズの減少

Ⅳ. 日本での臨床研究

Ⅴ. ホップ由来CBD、オレンジ由来CBD

自社データだけで研究論文は発表されていません。

メニューを閉じる