CBD規制最新情報|CBDビジネスを始めたい方必見!CBDの基礎知識から輸入・規制に関する最新情報まであなたのビジネスを適法に展開するためのすべてがここにあります。

Ⅰ. 輸入後THC含有発覚という事態は稀でなく起こりうる

  1. 税関は書面主義
    輸入の際に提出したデータがまちがっていた。
    ※アメリカは0.3%以下ならOK。そういう製品に0%というデータを付けた。
  2. THCの定量条件が定められているわけではない。
    輸入の際のデータと事後のデータとで定量条件が異なる。

Ⅱ. そういう事態が発生したらどうしたらよいか

1. まず信頼度の高い検査機関で調べる

ex2. eurofins → 新宿に事務所あり。→彼らはフランスに送って測定する。

2. 1で検出されたら―

ⅰ. 商品は直ちに回収。
 ①連絡先が分かるところは直接連絡。
 ②HPにも記載。
ⅱ.在庫及び回収した商品は免許を有するもの(ex.大麻研究者)に譲渡。
ⅲ.同時に所轄の警察に連絡。

Ⅲ. Ⅱの対応を怠ったらどうなるか

大麻所持罪は①THC含有物所持の事実と②その認識があれば成立する。
①は以前から所有し、②も発覚の時点から保有するので、理論上はその時点で所持罪が成立する。
後は状況により運用で決まる。

  1. ネットで流布されていると警察としては放置できない。 
    ⇒事情聴取して場合により逮捕もありうる。
  2. 行政(厚労省)も看過できない。
    ⇒商品回収命令は必須。(場合により公表もありうる。

Ⅳ. 相談

以上については薬事法ドットコムがサポートします。
薬事法ドットコムはこういう事態の対応経験があり、スムーズに問題解決できます。

メニューを閉じる