CBD規制最新情報|CBDビジネスを始めたい方必見!CBDの基礎知識から輸入・規制に関する最新情報まであなたのビジネスを適法に展開するためのすべてがここにあります。

※以下は基本形。様々なバリエーションがある (担当官による差)。

Ⅰ. 届出

まず、荷物が届く空港を管轄する税関(検疫所)の食品係に下記書類を送る。

1.  「食品等輸入届出書」を記載し、3点書類を添付する

※1 → 部位明記
※2 → 実績明記(2回目以降の場合)

2. 添付書類

1)本品が麻の成熟した茎、または種子から製造されたことを宣誓する書類

(書類作成の日付と製造メーカーの代表者のサインが必須)

<例>

2)分析証明書

必須事項は

  1. THCが含有されていないことが わかる分析結果
  2. 分析方法
  3. 検出限界値
  4. 日付
  5. 分析者または分析機関の代表者のサイン
  6. ロット番号またはバッチ番号
    (輸入商品と同一性があるものと確認できる商品番号)

3) 写真・資料

製造工程書・製造工程の写真
原材料の写真

<例>
<例>
<例>
<例>

写真のイメージ
両端が写っている、枝や葉が写っていない。←部位規制

<添付書類の例>

3. 検疫所のハンコが押されて戻ってくる

4. USPに送る

5. 通関

6. Timeline

初回は4~5か月かかる。

Ⅱ. 2回目以降

2W~1か月程度。

[後注]

1.税関で止まった場合、厚労省麻薬対策課に相談に行く手もある。
→ YDCにご相談頂くことも可能です。

2.化粧品の場合
以上の手続きで原材料としてCBDを輸入し、その原材料で化粧品が作られている

メニューを閉じる